ソ連兵の略奪・暴行が始まった旅順から大連へ。途中、列車の窓から紙を巻いた石が投げ入れられた。「私が帰れるまで元気でいてください」。連行された日本兵。届くかどうか分からない、わずかな望みに託した家族への手紙だった。〈証言 語り継ぐ戦争〉

Published by
南日本新聞

■桑木野節子さん(90)日置市東市来町 1931(昭和6)年、満州だった中国・遼東半島の旅順で生まれ…

もっと読む